疲れた身体を癒す入浴

 入浴による健康効果

 寒い日が続いていますが、温かいお風呂にゆっくりつかると一日の疲れが軽くなります。それには入浴がもたらす2つの健康効果が関係しているといわれています。
 一つ目にホルモンの作用による幸福感です。温かいお湯につかるとストレスを緩和する『オキシトシン』が増え、逆にストレスを受けたときに分泌される『コルチゾール』が減ることが分かっています。シャワーだけのの人よりも湯船につかる人の方が幸福度が高いというデータがそれを裏付けています。
 二つ目にお湯につかることによる健康増進効果です。①身体を温める『温熱作用』、②重力から解放されて身体が軽くなる『浮力作用』、③水圧で身体を緩やかに締め付ける『水圧作用』が主なものです。
 これらの作用によって体温が上がって血流がよくなることで、疲労回復、免疫力アップ、睡眠の質の向上などが期待できます。

 入浴の基本

 お湯の温度は40℃、時間は10分が基本です。熱すぎるお湯は交感神経を刺激し、血圧が上昇して、むしろ疲れを残してしまいます。また皮脂が溶けだし皮膚の乾燥も来しやすくなります。40℃のお湯に10分程つかることで深部体温が1℃上昇し身体の隅々まで血流が行きわたります。また全身浴をすることで、水圧作用により身体のマッサージの効果が得られ、疲れの改善が期待できます。

Bull Bull Pen導入しました!

ゲートコントロール理論という理論に基づいて、Y字のペン先を皮膚にあてると先端がぶるぶると震え、この振動で注射時の痛みを軽減するという画期的な機器です。
 局所麻酔やボトックス、ヒアルロン酸等の薬剤注入時の痛みを劇的に軽減しますので、安心して施術が受けられます。

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。年末に業者さんに院内の清掃を依頼し、1年10か月の汚れを一掃していただいたおかげで、綺麗になったクリニックと気持ちのよい新年を迎えることができました。
 年始には初日の出を拝みに、恒例の日の出登山に行って来ました。今年は天候もよく、最高の初日の出が拝めました。2023年、そろそろコロナも落ち着いてよい1年になることを願っています。

サノレックス®の途中経過

 10月よりサノレックス®の取り扱いを始めています。

 サノレックス®は、厚生労働省から唯一承認を受けている食欲抑制剤です。最近ではその食欲抑制効果から、「無理な食事制限なく瘦せる」とダイエットを目的とする方に注目を集めている薬です。

 当院における実績としては、間食が減ったという方や、食欲自体はあまり変化を感じないという方もおられますが、およそ2か月を経過して、1か月あたり2~4キロ痩せている方が多いようです。


 ※ 詳しくは美容皮ふ科(肥満対策)のページをご参照ください。

新型コロナウイルスによる後遺症『抜け毛』について 

 最近コロナ感染後の抜け毛に悩まれている患者さんが再び増えてきました。おそらく7月8月に流行をみせた第7波の合併症と思われます。以下は2021年10月にブログで書いたものですが、参考にしていただけると幸いです。

 新型コロナ感染後に生じた抜け毛の問題について、以前ワイドショーで海外の事例が紹介されていました。知識としては知っていたのですが、最近になり当院にもコロナ感染後に抜け毛を生じた方が来院されています。その方々に共通することは、コロナ感染から回復した後、1ヵ月程度を経て抜け毛を自覚されたとのことです。
 コロナ感染に関しては未知の部分も多く、正確なことはわかりませんが、これまでの報告事例などをまとめ考察してみます。


 一般的に毛髪は5~6年の成長期、2~3週間の退行期、3~4か月の休止期のサイクルを繰り返しています。成長期が終わった後、毛根が委縮して休止期に入ります。それぞれの毛でサイクルが異なるため通常一斉には抜けることはありません。しかしながら、新型コロナに感染すると何らかの原因で成長期が急にストップしていまい、休止期に入ってしまうのではないかと考えられています。これを休止期脱毛といい、その他高熱、出産後、外傷、術後、急激な体重減少、急激な精神的ダメージなどでも同様のことが起こります。
 国立国際医療研究センター * 1からの報告では新型コロナ患者の24%が回復期に脱毛を訴え、新型コロナ発症2ヶ月後くらいから始まり、およそ100日後くらいまで続くことが多いとされていますが、海外の報告*2では、重症度に関係なく、新型コロナ発症から3〜7ヶ月後くらいに脱毛が現れるとの報告もあり幅が見られます。
*1Prolonged and Late-Onset Symptoms of Coronavirus Disease 2019
*2Telogen effluvium: a sequela of COVID‐19

 上記データを読み解くと、特に対策をせずとも脱毛からおよそ半年くらいで徐々に毛髪が回復してくると予想され、実際に他でもそのような報告が多数認められます。一般的な休止期のサイクルが3~4か月ですので、何らかの原因で退行期を経ずにいっぺんに休止期に入った毛髪が、3~4か月(100日前後)の休止期を経て再び成長期に入り発毛したと考えるとそれを裏付けることになると思います。
 しかしながら、急激な脱毛を半年もそのままにしておくのは精神的にもかなり負担となります。現在コロナ脱毛に対する治療のガイドラインなどはありませんが、血管を拡張することで発毛効果が認められるミノキシジルやその他外用剤、内服薬、またサプリメントなどを用いて治療を行うことが多いようです。
 年齢、性別、既往歴の有無などにより選択できる治療法にも幅がありますが、当院でも対応していますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

増患に伴うスタッフ募集のお知らせ!

 クリニックでは、新しいスタッフを随時募集しています。看護師、医療事務、カウンセラー、その他クリニックの運営に活躍できる方、職種を問わず募集しています。私はこのように貢献できる!といった売り込みも大歓迎です。
 応募はハローワークの求人からお願いします。尚、クリニックに直接お問い合わせいただいても、対応できませんのでご了承ください。

価格改定(値下げ)のお知らせ

 仕入れ価格の変動等により、ヒアルロン酸注入治療の価格を見直しました。より受けやすい価格に設定してあります。気になる方はお気軽にお問い合わせください。※表示はすべて税込み価格です。

 ジュビダームビスタ ボリューマXC 1本 110,000円 ⇒ 77,000円
          ボリフトXC  1本 110,000円 ⇒ 77,000円
 同日、複数本注入に場合にはさらにお得な価格になります。
                 2本 143,000円
                 3本 187,000円

日焼け止め編

日焼け止めまでがスキンケア

 肌老化の8割は紫外線とされています。逆に言えば紫外線を完全にカットできれば老化の8割を予防できるということです。
 紫外線の中でもUVAは皮膚の奥深く、真皮層まで達し、たるみやしわの原因となります。日焼け止めではUVAから肌を守る指標としてPAを見ます。UVBはUVAに比べて波長が短く、表皮層で赤みやシミの原因となります。同様に日焼け止めSPFが大事な指標になります。
 また紫外線は晴れの日も曇りの日も、雨の日でさえも、降り注いでいます。夏と冬を比べてもそこまで大きな差は見られません。ですので、日焼け止めは一年中必須です。朝洗顔をしたら、日焼け止めを塗るまでがスキンケアと考えましょう。

追記:
 最近ではSPF50程度の商品が多く、SPFの値がより気にされているような風潮がありますが、個人的にはPA値の方が重要と思っています。なぜならばメラノサイトはメラニンを産生することで紫外線から肌の細胞を守る役割もあるからです。紫外線をあびて赤みがでたり、こんがりやけたりするのはある程度自然なことだといえます。白色人種に皮膚ガンがメラニン色素が少ないことが考えられます。
 

クリーム編

クリームの役割
 ①肌から潤いが逃げるのを防ぐ
 ②乾燥や紫外線、ほこりなどの刺激から肌を守る膜

 年齢や季節によってはかならずしもクリームを必要としない場合もありますが、クリームの油分により膜をつくることで、肌を守ります。またクリームは豊富な訴求性分を配合する事も可能です。

塗ったら5分はそのまま放置!

 化粧水、乳液の後にハンドプレスして、顔全体になじませたら、5分ほどそのまま放置します。その間に肌が必要な油分を吸収して、自然と肌になじみます。こうしてしっかりとクリームがなじんだ肌は、時間がたってもべたついたり、化粧崩れが起きにくくなります。

 次回は日焼け止め編です。

乳液編

 保湿には水分と油分の両方が必要です。

 化粧水編でも述べましたが、肌のうるおいを保つには水分と油分、この二つをバランスよく入れるのが重要です。その両方を補うには、水分と油分の両方を含み、水との親和性の高い乳液を使うのがベストです。先に入れた化粧水と乳液がうまく混ざり合って初めて、うるおった肌が実現できます。

 ①500円玉大の量を目安に、手のひらに出した乳液を、両手を合わせてすりすりと全体に広げます。
 ②肌を包み込むように手のひらを顔にのせて、優しくハンドプレスします。決して手をすべらせません。

 次回はクリーム編です。