院内設備

院内機器

QスィッチNd:YAGレーザー(Star Walker)

1964年に設立されたFotona社は、50年以上も続くヨーロッパ屈指の老舗レーザーメーカーです。
世界60ヶ国以上2万5千台もの導入実績を誇り、世界中で高く評価されています。

  1. 表在性のシミ(老人性色素斑、雀卵斑、扁平母斑):532波長
  2. 深在性のシミ(ADM、アザ、太田母斑、異所性蒙古斑、青色斑):1064波長
  3. 肝斑治療、色素沈着:レーザートーニング
  4. リジュベネーション
  5. タトゥー

CO2レーザー(CO2Espri)

日本国内で開発生産された信頼性・安全性の高い炭酸ガスレーザーです。瞬間的に皮膚表面を蒸散させ、イボやほくろを焼き潰して消失させます。多彩なモードを照射モードを有していますのでイボやほくろのみならず、隆起したシミなどにも対応できます。出血がほとんどなく、あとが残りにくい治療です。

エコー Lumify

Lumifyは、フィリップス社が培ってきた専門性の高い技術のトランスジューサを搭載し、高品質の診断が可能なポータブル超音波診断装置です。

ダーモスコピー 

皮膚に強い光を照射し、病変表面の乱反射を軽減することで、肉眼では見えない皮膚内部の色素構造を観察する機器です。
大口径レンズと高輝度LEDを搭載しており、ワンタッチで偏光/非偏光を切り替えることができ、より確実な診断が可能です。

イオン導入器、超音波導入器

〈超音波機能〉:超音波振動で肌ケア!1秒毎に約110万回の超音波振動により、肌に張りを与え、キメを整えます。2種類のプローブで気になる気になる部位のケアができます。(超音波周波数:1.1MHz)
<イオン導入機能>:3種類のプローブヘッドからの微弱電流で、美容液の有用成分をお肌へ浸透させます。
<ハイフルクエンシー機能>:3種のガラス管に高周波電流を流すことでオゾンを発生。肌を清潔に保つことで肌トラブルをケアします。(高周波数:100KHz~350KHz)

脱毛レーザーElite+

FDA認可のレーザー脱毛機で、2種類のレーザーを搭載した、最新マルチレーザーシステム。色素沈着のある箇所や、幅広い毛質にも対応可能です。
1回の照射面積が大きく、短時間での処理が可能になりました。
レーザー照射時に-4℃の冷風で皮膚を冷却するので、施術時の痛みが大幅に低減されています。脱毛効果の高いアレキサンドライトレーザーと色素沈着のある箇所や色黒の方にでも使用できるヤグレーザーの2種類の波長を使い分けることで、一人ひとりの肌質毛質に合わせた、最適な施術が可能になりました。ムダ毛の気になる女性はもちろん、濃いヒゲでお悩みの男性にもオススメです。

フォトフェイシャル🄬 Stellar M22

 Photofacial®とは本来ルミナス社のIPLのみをさし、それ以外のものを総称してIPL(光治療器)と言います。本家だからこそできる治療、明らかな性能の差がそこには存在します。
 年齢を重ねるごとに気になるシミ・そばかす、くすみ、赤ら顔、小じわ、毛穴の開き、ハリといった肌老化。フォトフェイシャル®は6種類のフィルターを使い分けることで、それらの肌トラブルをピンポイントに改善し、美しい素肌に導きます。新しくなったphotofacial Stellar M22を宮崎初導入です。

※2022年6月新たにacne filter,vascular filterを導入。

 acne filterはニキビの原因であるアクネ菌に作用する短波長と、皮脂腺の血管やニキビ跡の赤みに作用する長波長二つの波長を使い、ニキビに対して適切な処置を施していきます。

★短波長
 400~600nm・・・ポルフィリンとヘモグロビンがターゲット。アクネ菌は、皮脂を栄養源として皮脂腺に多く存在する嫌気性の常在菌です。皮脂を分解するときに脂肪酸を作り、それが酸化されて炎症になります。その、代謝過程でポルフィリンが産生されます。ポルフィリンはこの短波長(紫外線)を吸収し、活性酸素を発生させ、アクネ菌の破壊と皮膚の炎症を和らげニキビを改善します。

★長波長
 800~1200nm・・・皮脂腺に供給する深い血管がターゲット。皮脂腺への血液供給を遮断し、皮脂腺を破壊。それにより、皮脂分泌を抑制することでアクネ菌の活性化を軽減し、ニキビ予防につながります。

※ステラM22は、薬事承認を受けている機械ですが、このニキビ専用フィルターacne filterは未承認になります。

re-Beau2

再現性の高い症例写真と独自機能で小さな変化も逃さずキャッチ。肌状態を3種の写真で「見える化」します。

  1. カラー写真
    2400万画素の高精細な写真で、肉眼では見えづらい肌状態を「見える化」
  2. UV写真
    通常の写真ではわからない隠れたシミなどをUV光で「見える化」
  3. 赤み写真
    表面には見えない赤みまでクリアに撮影、擦りすぎや色素斑の下に隠れた赤みを「見える化」

 

 これらの写真を組み合わせることで、肌を細部まで比較できるのが特長です。
 一言でシミと言っても、女性の場合6種類あります。それぞれに治療法が異なり、間違った治療を行うと悪化してしまうことがありますので、正確な診断を付けることが重要です。
 同じ条件で撮影することで、治療前後や経過を比較することが可能で、正確な診断・治療効果の把握に役立ちます。
 再現性の高い写真は、小さな変化も見つけることができ、治療のモチベーションにもつながります。

 

スキンチェッカー

【水分・油分・肌状態測定】 肌センサーをお肌に当てるだけでお肌の水分量を測定し、結果を%表示で分かりやすくお知らせします、また、肌の弾性や肌年齢などの肌状態を測定することもできます。
【蛍光剤チェックブラックライト】 化粧品やパックなどに、お肌に悪影響を与えると言われている蛍光剤が入っているかを調べることができるブラックライトを搭載しています。蛍光剤が含まれていると、ブラックライトを当てた際に反応して蛍光剤が発光します。