美容外科

本人の好みを尊重しつつ、客観的データに基づいて最適なプランを提案します。
視覚的にバランスが最も安定し、多くの人がその美しさを直感的に感じることができる比率を黄金比といい、不変の美しさを示すとされています。エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナスやモナリザの絵画にも、黄金比が使用されています。ちなみに当院の建築にも黄金比が使用されていますので是非探してみてください。 黄金比は人の顔にも存在し、①顔全体のバランス(縦・横の長さ、比など) ②各パーツの位置(目、鼻、口、眉などの位置) ③各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ) の3つの要素が重要とされています。 本人の好みを尊重しつつ、客観的データに基づいて最適なプランを提案します。
まぶた

まぶた

二重、目頭切開、目尻切開、その他

 二重にするだけでも多種多様な方法がありますが、逆に言えばそれぞれにメリット・デメリットがあるということです。すべてに対応できる方法があれば、それ一つで済むはずですが、実際にはそうではありません。
 それぞれのメリット・デメリットを十分説明した上で、最適なプランを提案します。またそれらを組み合わせることで生まれ持った目の形を活かしつつ、理想の形に近づけます。
 また、一般的にアジア人は上眼瞼内側(目頭)に蒙古ひだと呼ばれるひだがあります。この“ひだ”があることで西洋人と比べると幼い印象に見えがちです。二重の立ち上がりがこの“ひだ”によって覆われているため、ほとんどの方は、末広がり型の二重になります。

埋没法

 メスを使用せずに特殊な糸で留めることで自然な二重を形成します。ほとんど腫れませんので、他人に気づかれることなく行えます。局所麻酔下に両眼で10分程度の手術です。糸を皮下に埋め込みますので抜糸はありません。週末を利用して行うのがおすすめです。

 以下のような方に向いた術式です。
 ①ある程度二重の“くせ”はあるが、日によって・時間帯によって二重が薄くなる方
 ②切開には踏み切れないが、とりあえず二重にしてみたい方
 ③気に入らなかった場合に、元にもどせる方法を望む方

 ※注意点・その他
 ①希望する重瞼の幅、タイプによっては切開法をお勧めすることもあります。
 ②皮膚の厚い方、上眼瞼の脂肪の多い方はこの方法はお勧めできません。
 ③簡易的な方法ですので、永久的に二重が維持できるとは限りません。※施術から1年間、1回のみ保証しています。

切開法

 局所麻酔下に上まぶたの皮膚を切開して、皮膚を瞼板(軟骨)または腱膜断端(目を開ける筋膜)に縫合することで、希望する二重のラインを作成します。二重の方と解剖学的に同じ構造を作りますので、まず元に戻る心配がない半永久的な方法です。同時に眼窩脂肪を切除することで、すっきりとした見た目にすることも可能です。

 以下のような方にお勧めの術式です。
 ①まぶたの皮膚が厚い方
 ②上まぶたの脂肪の多い方
 ③はっきりとしたラインを作りたい方

 埋没法と比べると多少腫れますが、翌日から洗顔が行え、日常の生活に支障はありません。約1週間後に抜糸を行います。局所麻酔下に30~45分程度の手術です。重瞼線(二重の線)で隠れますので傷あとはほぼわからなくなります。

 ※注意点・その他 
 ①蒙古ひだが強い方で、平行型の重瞼ラインを希望される方は、目頭切開が必要な場合もあります。
 ②切開法の場合、挙筋腱膜に手を加えることで、さらにパッチリとした目(大きな目)にすることも可能です。その場合、別途料金が発生します。

目頭切開

 アジア人に特有の蒙古ひだを取り除くことで大きな目元にする方法です。ひだの部分に皮弁を作成し、皮膚を入れ替えることで内側に被さった皮膚を広げます。ひだの程度・形によって複数の皮弁を使い分けます。

 以下のような方にお勧めの術式です。
 ①ハリウッド女優のような大人びた印象にしたい方
 ②目と目の間が広めな方(蒙古ひだによって広く見える方)

 翌日から洗顔が行え、約1週間後に抜糸を行います。局所麻酔下に30分程度の手術です。

 ※その他
 ①一重の方は、重瞼術を組み合わせることで平行型の重瞼ラインを作成することが可能です。

目尻切開

 切れ長な目にすることでシャープな印象と顔全体のバランスを整えます。目尻の部分に切開を入れ、目の横幅を外に広げます。同時に縦の幅を広げる効果(グラマラスライン効果)も得られます。皮弁を作成することで自然な形態と後戻りの予防になります。
 翌日から洗顔が行え、約1週間後に抜糸を行います。局所麻酔下に30分程度の手術です。
 
 ※左右それぞれのの目の横幅、目と目の間の幅が『1:1:1』が理想的と言われています。必要に応じて目頭切開と組み合わせることで、バランスの取れた理想的な目を作ることが可能です。

鼻尖、鼻翼

 顔の中央にある鼻は顔の印象を左右する重要なパーツです。最適なバランスにすることで知的で優しい印象の顔になります。
※当院では基本的に体内にのこるインプラントは使用しません。

鼻翼縮小

 理想的な鼻と目のバランスは、目の幅を1とすると右目、鼻、左目のバランスは1:1:1が理想と言われており、鼻翼縮小手術で横に広がった鼻の穴を小さくすることで、理想的な目と鼻のバランスに近づけることができます。
 手術は鼻の穴の内側(内側法)または小鼻の溝の部位(外側法)で組織を切除することで、顔の全体のバランスを整えます。手術を行うことで鼻の穴が目立たなくなり優しい印象の顔になります。手術時間は30分程度です。翌日から洗顔が行え、1週間で抜糸を行います。時間が経つと、傷跡はほとんど目立たなくなります。

①内側法:鼻の穴は大きいが、小鼻は外に張り出していない方
②外側法:鼻の穴は大きくないが、小鼻が外に張り出している方
③両者の併用:鼻の穴が大きく、さらに小鼻が外に張り出している方

鼻尖形成

 いわゆる『だんご鼻』を解消する手術です。『だんご鼻』は、鼻の中の大鼻翼軟骨が左右に開いていることが原因で、鼻尖部が丸くなります。
 鼻腔内(クローズド法)、または鼻柱基部(オープン法)より切開し左右に開いている大鼻翼軟骨を引き締めることで鼻先を細く、シャープな形に形成します。また余分な脂肪や軟骨を切り取ることで、よりすっきりとした鼻先になります。
 クローズド法は鼻腔内の切開から、大鼻翼軟骨を露出して、軟骨の形成を行う方法です。傷が表に出ないというメリットがありますが、オープン法に比べると、形態の修正に限界があり、微調整が難しい方法です
 オープン法は鼻柱部分から鼻腔内にかけて切開し、大鼻翼軟骨を直視下に見ながら軟骨の形成を行う方法です。鼻尖の形を評価しながら、微調整が行え、耳介軟骨移植にも適した方法です。(鼻中隔延長術参照)正面に傷が露出するわけではありませんので、傷跡が問題になることは通常ありません。
 軟骨部分の手術は30~45分程度ですが、耳介軟骨移植まで行うと60分程度かかります。術後は創部が腫れないように数日間ボルスタ―固定(小さいガーゼで圧迫する)を行う場合もあります。
 また、軽度の修正の場合、当院独自の“切らない修正術”を適応することも可能です。

鼻中隔延長術

 鼻中隔延長術とは短鼻の方、鼻尖部が上を向き鼻の穴が前を向いている方(いわゆるブタ鼻)などに適応のある術式です。耳介後面から耳介軟骨を採取し、鼻中隔と鼻翼の間、鼻尖部に移植することで、鼻尖部を高くしたり、鼻尖の向きを下向きにしたりすることが可能です。
 自分の軟骨を使用しますので基本的に感染や拒絶反応等のトラブルが少ない優れた方法です。
 鼻尖形成術と合わせて行うことで、よりすっきりと鼻筋の通った形にすることが可能です。

レディエッセ

 希望の鼻筋や顎の輪郭を長期間維持できる、メスを使わない輪郭形成術です。詳しくはレディエッセをご参照ください。

刺青

刺青

タトゥーの除去には大きくレーザー治療と手術(切除法、皮膚移植など)の二つの方法があります。

レーザー

 レーザーは肌を傷をつけることなく色を落とすことができ、広範囲のタトゥーにも対応できます。しかしながら、レーザーが反応しにくい色もあります。また1回の照射で完全に綺麗になるというものではなく、通常2~3か月おきに複数回の照射を必要とします。
 時間的余裕のある方、傷跡を残したくない方にお勧めです。

手術

 小範囲のタトゥー、または多少きずあとが残ってもタトゥーを今すぐに消したい方には手術がおすすめです。
 小範囲の場合、タトゥーの入っている部分の皮膚をメスで切り取って縫合し、1本の傷あとに置き換えてしまいます。傷あとは完全に消えるわけではありませんが、時間とともにほとんど目立たなくなります。
 広範囲の場合でも、数か月おきに複数回に分けてタトゥーを切除・縫合する方法(分割切除)、周囲の皮膚を動かして傷を閉じる方法(皮弁)、タトゥー切除後の皮膚欠損に対して皮膚移植を行う方法(植皮術)などを駆使して、ほとんどのケースに対応可能です。

 ※1度の手術で切り取れるだけ、最大幅でタトゥーを切除して縫合します。初めは皮膚の緊張が強いですが、時間とともに皮膚が伸びて緊張が取れたころ(3~4か月後)に次の手術を行います。これを繰り返すことで、広範囲のタトゥーでも1本の傷あとに置き換えて切除することが可能になります。

その他

 皮膚を薄く削った後にレーザーを照射する方法もあります。一般的にタトゥーは皮膚の深い位置に色素が注入されています。レーザーが届く深さにも限界がありますので、通常複数回の照射が必要になりますし、照射を繰り返しても完全に色素が落ちきれないこともあります。レーザー照射の前に、表面の皮膚を薄く削る(削皮)ことで、傷跡を残さないようにしつつ、レーザーを直接色素に照射することが可能になります。

※大きさや部位、色等によって治療法や料金も異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

しわ(ボトックス、ヒアルロン酸)

しわ(ボトックス、ヒアルロン酸)

目指せ-15歳

 自分の顔の気になるポイントは?と尋ねると①たるみ ②シミ ③しわ、というアンケート結果があります。逆に友人の顔で気になるポイントは?というアンケートでは①たるみ ②しわ ③シミ、という結果になります。またCGを使ったシミュレーションで、シミを消すと実年齢から-1歳、しわをなくすと-10歳、シミもしわもなくすと-15歳若く見えるとの結果もあります。
 メスを使わない方法で15歳も若く見られるなら、日々の生活にもハリが出て、より充実した人生が送れそうですね。

 ※当院では厚生労働省認可のアラガン社の製剤のみを使用しています。万が一何らかの副作用を生じた場合、医薬品副作用被害救済制度(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)という国が管理する組織があり、適正に薬剤が使用されている限り、副作用被害を救済する仕組みがあります。

ボトックス

 顔の皮膚の下には表情筋と呼ばれる筋肉が多数存在しています。普段その筋肉が収縮することで豊かな顔の表情を形作っています。
 ボトックスは筋肉を支配する神経の終末をブロックして、顔の筋肉の動きをピンポイントで抑制する方法です。顔の筋肉は常に動いていますので、年齢とともに、すこしずつ凝り固まっていきます。それが継続すると深いしわとして皮膚に刻まれます。そうなる前に、その緊張を注射にてほぐすことで筋肉自体をリラックスしてあげるのです。肩こりや腰痛の際に、湿布を貼ったり、マッサージを受けたりするのと同じですね。
 また顔の筋肉は、顔面をおもに上に引き上げる挙上筋(抗重力筋)と下に引き下げる下制筋に分けられますが、年齢とともに、挙上筋に比べて下制筋群が優位になってきます。ボトックスを使用して挙上筋の動きを妨げる下制筋群を弛緩させることで若々しい表情を作ることが可能になります。さらに、眉間のしわの解除や鼻まわりの過剰な収縮を抑制し、眼輪筋の適度な収縮を残すことで健康的で幸福に満ちた表情を作ることも可能です。

効果、適応

おでこや目尻、眉間のしわに特に有効です。その他、口角を上げるスマイルリフトや小顔効果が得られる咬筋への注射、肩や上腕、ふくらはぎなど特殊部位への施術も対応しています。
②たるみの少ない方で、筋肉の動きによる細かい表情じわが目立つ方にはマイクロインジェクションテクニックもよい適応です。小じわが伸びてハリのある肌になります。
③下制筋をリラックスさせることで、下顔面~フェイスラインのリフトアップ効果や頸部のちりめんじわの改善も期待できます。
④ボトックスの効果がでるまでに通常数日~1週間程度かかります。7~14 日後くらいに再診していただき、万が一効果が不十分だった場合に追加するのがおすすめです。この部位の場合追加費用はかかりません
⑤部位により異なりますが、通常4か月~半年程度効果が持続します。当日から洗顔、入浴が行えます。

 ※おでこのしわは、眼瞼下垂が原因となっている場合もあります。症状によっては、下垂の治療をお勧めしたり、ボトックス注射をお断りする場合もあります。

ヒアルロン酸

 年齢とともにおとろえた肌の張り、しわやくぼみに対して直接ヒアルロン酸を注入することで気になるところに膨らみを持たせます。ヒアルロン酸には硬さや持続性など複数の種類があり、注入する部位や深さによって、複数のヒアルロン酸を使い分けます。種類や注入する深さを調整することで、ごく自然な若返りが可能になります。

・ダウンタイムもほぼなく、即効でなやみを解決します。週末のプチ美容として人気です。
・1~2年程度の効果が得られ、当日から洗顔入浴が行えます。

 ※当院では施術の際にエコーを使用して、適切なレイヤー(層)に適切な量をピンポイントで注入します。エコーを使用することで見えないところを可視化し、安全かつ確実に理想の形態を形作ることが可能になります。

ポイント

 年齢による顔の変化は表面だけで起こっているわけではありません。実は、年齢を重ねると骨、筋肉、皮下脂肪、皮膚のそれぞれが“痩せ”てボリュームを失います。骨粗しょう症と聞くと腰椎や大腿骨をイメージしがちですが、実際には顔面骨も徐々に密度を失い、“痩せ”て小さくなっていきます。土台(骨)が下がったうえに、筋力が弱まり、皮下脂肪や皮膚自体も“痩せ”てその場にとどまることができなくなることで、重力によるたるみを生じているのです。
 したがって、しわの改善には、その根本原因をしっかりと理解したうえで、ボトックスやヒアルロン酸を組み合わせて施術を行うことが重要になります。

その他(陥没乳頭、女性器など)

その他(陥没乳頭、女性器など)

陥没乳頭、乳頭縮小、乳輪縮小、陰唇陰核形成術など

人には、誰にも相談できない悩みが一つ二つはあると思います。保険で対応できる場合もありますので、女性のカウンセラーに気軽にご相談ください。

ピアス

ピアス

ピアッシング

 ピアス穴あけ(ピアッシング)は国が法に定める医療行為です。つまり医師等の医療従事者だけが許される行為です。皮膚が傷つき、時には出血もするわけですから当然と言えば当然です。適切に行われないと化膿してしまったり、感染症にかかってしまったりすることもあります。特に軟骨部分に感染を起こすと軟骨が溶けてしまうこともあり、取り返しのつかないことにもなりかねません。万が一のトラブルにも対応できますので、かならず医療機関で行うようにしてください。
 ピアス穴は一生ものですので、わずかな投資でぐっと安全に行えます。

その他

①へそや性器、舌などの特殊部位へのピアッシングをご希望の方にも対応しています。耳たぶなどの通常の部位には当クリニックで準備した医療用ファーストピアスを使用しますが、特殊部位へのピアッシングは持ち込みも可能です。
②当院以外で開けたピアスが化膿した場合、皮下に埋入した場合、基本的に自由診療となり保険適応にはなりません。
③当院で開けたものに万が一トラブルが生じた場合には、当院にて責任をもって治療を行います。

※当院ではピアスガンを使用しますのでほとんど痛みを感じることがありません。
詳細はお問い合わせください。

包茎

包茎

包茎とは

 勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことを包茎と言います。包皮の剥け具合により大まかに以下の3つの状態に分けられます。

 ①仮性包茎:平常時は亀頭が全部あるいは一部が包皮に覆われている状態ですが、勃起時には、痛みなく亀頭をスムーズに全部露出させることができるタイプの包茎です。
 ②真性包茎:包皮口が非常に狭いために、平常時も勃起時も、包皮をむくことが全くできず、亀頭を露出させることできないタイプの包茎です。
 ③嵌頓包茎:包皮口が狭く、亀頭を露出しようとすると、締め付けのために亀頭が露出できなかったり、勃起時には亀頭の下での締めつけにより、包皮をもとに戻すことができなくなるタイプの包茎です。血流の問題を生じることがありますので、緊急手術の適応となることもあります。

包茎のデメリット

①見た目の問題
 子供っぽいイメージに見られる。実際より小さく見える。
②病気にかかりやすい
 亀頭が包皮に覆われていることにより、雑菌が発生ししやすい状態になります。亀頭包皮炎、尿道炎、性病、陰茎ガンなどのリスクが高まります。またにおいの問題も生じます。
③セックスの問題
 特に仮性包茎の方は、普段亀頭が包皮に覆われていることで、刺激に弱く、早漏気味になる場合があります。

直下V字カット法

 包皮をむいて、亀頭を露出させます。亀頭の直下で余剰な皮膚を円筒状に切除します。この際、単純に切り取ると尿道下部のスジがひきつれを起こすことがありますので、この部位をV字に残すことで自然な形態と機能を維持します。包皮を持ち上げて皮膚と皮膚を縫い合わせて手術終了です。時間が経つと自然としわが寄って目立ちにくくなります。

 ※注意点
 ①直下V字カット法は簡便な方法ですが、重要な感覚をつかさどる部位の皮膚を切り取るというデメリットもあります。
 ②また亀頭直下の皮膚と根元の方の包皮を縫い合わせますので、縫合部で若干色の違いが気になることがあります。

根元カット法

 包皮をむいて、亀頭を露出させた状態で、陰茎の根元の部分の皮膚を切り取ります。陰毛で隠れる部分ですので、パートナーに気づかれる心配がありません。また、亀頭周囲の皮膚が残りますので、感覚の面でもメリットがあります。

 ※いずれの手術も翌日からシャワーが可能です。 数日は腫れや血腫の予防のため、包帯で創部を圧迫します。

その他

 ①「包皮口が非常に狭い」「亀頭と包皮が癒着している」などの理由から、平常時でも亀頭を露出させることができない真性包茎の方、包茎が原因で包皮炎などを繰り返す方などは、保険が適応される場合があります。
 ②多種多様な方法がありますが、技術の差で結果が大きく左右されます。せっかく手術を行ってもパートナーに気づかれては元も子もありません。
 ③確かな技術で男性特有の悩みを解決します。
 ④当院では基本的に体内にのこるインプラントは使用しません。

フェイスリフト

フェイスリフト

フェイスリフトとは

 頬や首周り、額、目尻の下がりなど、お顔のシワやタルミを取り除くことで、若返りを“実感できる”施術法です。

原因

 年齢を重ねると、お顔の皮膚にはシワやたるみが生じてきますが、年齢による顔の変化は表面だけで起こっているわけではありません。実は、年齢を重ねると骨、筋肉、皮下脂肪、皮膚のそれぞれが“痩せ”てボリュームを失います。骨粗しょう症と聞くと腰椎や大腿骨をイメージしがちですが、実際には顔面骨も徐々に密度を失い、“痩せ”て小さくなっていきます。土台(骨)が下がったうえに、筋力が弱まり、皮下脂肪や皮膚自体も“痩せ”てその場にとどまることができなくなることで、重力によるたるみを生じているのです。
 具体的には骨やコラーゲンの減少、筋肉の動きによって、おでこや目尻、眉間部にシワができ、重力や皮膚のたるみによってほうれい線は深くなり、マリオネット線が現れ、あごのラインも崩れてきます。そしてついには首にまでたるみは及びます。

なぜリフトが必要か?

 比較的若いうちは皮膚の「あまり」が少ないため、局所へのボトックス注射ヒアルロン酸注射にて対応できますが、年齢を重ねて皮膚に「あまり」を生じてしまうと、注射だけでは、悩みを解決することは困難です。空気の抜けてしぼんだ風船に空気を入れれば元に戻りますが、伸びてしまった風船に空気を入れても元のようなきれいな形を保てないのと同じです。むしろ注入しすぎることで、重力によりさらにたるんだ状態になってしまいます。

手術

 フェイスリフトは頬や首回り、目元のたるみなど、全体的に「あまり」を生じた皮膚を切除することで5年~10年分の若さを取り戻す手術です。

 当院では皮膚だけでなく、その下のSMASと呼ばれる膜(表情性筋膜)を引き上げることで、深部の構造から再構築し、後戻りを防ぎ、長期間に渡るリフトアップ効果を実現しています。

 切開は傷跡が目立たない、髪の生え際、耳前部、必要に応じて耳後部にかけて行います。日帰りで手術を行い、翌日からは洗顔、洗髪も可能です。傷は髪で隠せますので、生活への支障もさほどありません。1週間程度で抜糸を行います。

 

 

レディエッセ(鼻、顎)

レディエッセ(鼻、顎)

レディエッセとは

 希望の鼻筋顎の輪郭を長期間維持できる、メスを使わない輪郭形成術です。
 レディエッセは、骨や歯を形成するハイドロキシアパタイトが主成分で、局所に注入(注射)することにより、理想の輪郭を形成する施術法です。とても柔らかい上に粘着性もあり、ヒアルロン酸のように横に広がる可能性がほぼありません。細くシャープな鼻筋を形成し、また理想のエステティックラインを形成するためにレディエッセは最適な医療材料の一つと言えます。

 ※以下のような方にお勧めです。
 ①などの輪郭を綺麗に出したい(シャープにしたい)方

 ※レディエッセの主成分であるハイドロキシアパタイトは、美容整形に使われる以前から、形成外科・整形外科・耳鼻咽喉科・歯科など中心とした様々な医療の現場で使われており、FDA(アメリカ食品医薬品局)やヨーロッパCEでも承認されている素材です。生体適合性は100%、アレルギーテストも不要です。

施術の実際と経過

 当院では施術の際にエコーを使用して、適切なレイヤー(層)に適切な量をピンポイントで注入します。エコーを使用することで見えないところを可視化し、安全かつ確実に理想の形態を形作ることができます。
 施術時間は10分程度で、施術後の腫れもほとんどありません。注入後はすぐに効果を実感いただけます。その後も柔らかい状態で皮膚に残りますので、自然な硬さで鼻や顎を高くすることができます。
 皮膚への馴染みが良く、1年半程度かけて、ゆっくりと体内に吸収されていきます。希望の鼻筋や顎の輪郭を長期間維持することが可能です。