包茎

包茎

 多種多様な方法がありますが、技術の差で結果が大きく左右されます。せっかく手術を行ってもパートナーに気づかれては元も子もありませんね。
確かな技術で男性特有の悩みを解決します。
※当院では基本的に体内にのこるインプラントは使用しません。

直下V字カット法

 包皮をむいて、亀頭を露出させます。亀頭の直下で余剰な皮膚を円筒状に切除します。この際、単純に切り取ると尿道下部のスジがひきつれを起こすことがありますので、この部位をV字に残すことで自然な形態と機能を維持します。包皮を持ち上げて皮膚と皮膚を縫い合わせて手術終了です。時間が経つと自然としわが寄って目立ちにくくなります。
※直下V字カット法は簡便な方法ですが、重要な感覚をつかさどる部位の皮膚を切り取るというデメリットもあります。

根元カット法

 包皮をむいて、亀頭を露出させた状態で、陰茎の根元の部分の皮膚を切り取ります。陰毛で隠れる部分ですので、パートナーに気づかれる心配がありません。また、亀頭周囲の皮膚が残りますので、感覚の面でもメリットがあります。

※いずれの手術も翌日からシャワーが可能です。 数日は腫れや血腫の予防のため、包帯で創部を圧迫します。
※機能的な問題がある場合には保険が適応されます。詳しくは医師にお問い合わせください。