2021.05.04 /
首のイボ(軟性繊維腫、脂漏性角化症など)

 「首のイボ」を主訴の来院される患者さんはたくさんいらっします。患者さんのいう「イボ」には、いろいろな疾患が含まれていますが、そのほとんどが軟性繊維腫(アクロコルドン)や脂漏性角化症です。首の周りや脇の下など、皮膚が擦れる部分にできやすく、多発することもあります。この「イボ」自体は、良性であるため放置しても何も問題はありませんが、首の周りは人目につきやすいため気にされて来院されるようです。またかゆみを主訴に来院される方もいらっしゃいます。

治療

 一般的に液体窒素を利用した凍結療法がおこなわれていますが、首のまわりは色素沈着を起こしやすいことが欠点です。
 茎のある小さな「イボ」の場合には、ハサミで切り取るのが簡単できれいになります。ほんの一瞬チクっとした痛みはありますが、ほぼ出血もありません。
 多発する 「イボ」 や茎のない平坦な 「イボ」 には、当院では炭酸ガスレーザーで蒸散させる方法をお勧めしています。部位や大きさによっては局所麻酔下に行うこともありますが、周囲への熱損傷の少ないSPモードを使用することで麻酔無しでも短時間で多数の 「イボ」 に対応可能です。
 いづれの場合も、当日から入浴可能で、自宅にて1週間程度軟膏を塗布してもらいます。

経過

 治療後に紫外線をあびたり、掻いたり、また体質によっては一時的に炎症後の色素沈着(PIH)を来すことがあります。徐々に薄くなりますが、色素沈着が目立つ方はトラネキサム酸やビタミンCの内服、またハイドロキノロンなどの美白外用剤を使用することもあります。

※炎症後の色素沈着は、液体窒素より炭酸ガスレーザーの方が比較的軽くて済む傾向にあります。