2021.01.22 /
バネ指、腱鞘炎

原因

指を曲げる腱が指の付け根で炎症を起こし、曲げたときに痛みがでたり、ひどくなると指の曲げ伸ばしが困難になる疾患です。朝が特に症状が強く、指の曲げ伸ばしをするときに、ひっかかり(クリック)を生じることがあります。

治療法
  1. 初期の段階ではできるだけ安静にし、痛み止めの内服や外用等にて炎症を抑える治療を行います。しかしながら実際には手を安静に保つことは日常生活を送る上で必ずしも現実的ではありません。
  2. それで改善がない場合には、麻酔薬とステロイドを混ぜた炎症を抑える注射を局所に行います。一般的に1か月程度の効果がありますので、その間に症状が改善される方も多くみられます。
  3. それでも改善しない場合には手術を検討します。手術は局所麻酔下に日帰りで行い、およそ10分程度です。当日は出血を抑えるため包帯を巻きますが、翌日からは創部も含めて手洗いが可能です。自宅にて絆創膏等にて保護を行い、抜糸は10日前後で行います。根治的な治療ですので、最初から手術を選択される方も多くいらっしゃいます。
注意点

 バネ指は症状が出始めてから長期間放置すると手術を行っても痛みや伸展障害が残ることがありますので、早めの受診をお勧めします。