刺青

タトゥーの除去には大きくレーザーと手術(切除法、皮膚移植など)の二つの方法があります。

レーザー

 レーザーは肌を傷をつけることなく色を落とすことができ、広範囲のタトゥーにも対応できます。しかしながら、レーザーが反応しにくい色もあります。また1回の照射で完全に綺麗になるというものではなく、通常2~3か月おきに複数回の照射を必要とします。

手術

 小範囲のタトゥーやすぐに消したい方には手術(切除法)がおすすめです。多少広範囲であっても分割切除という方法で複数回に分けて切除したり、皮膚移植を行ったりして対応可能です。

その他

 皮膚を薄く削った後にレーザーを照射する方法もあります。そうすることで、傷跡を残さないようにしつつ、レーザーを直接色素に照射することができます。

※大きさや部位、色等によって治療法や料金も異なりますので、詳しくはお問い合わせください。