2021.01.22 /
とびひ

正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。細菌が皮膚に感染して起こる病気で、ひっかいたりすることで全身に広がります。タオルや衣類、プール等を介して人にうつることもありますので、注意が必要です。
かきむしった手を介して、あっという間に全身に広がるようすが、火事で火の粉が飛び火することに似ているため『とびひ』と呼ばれています。
抗菌薬の内服、外用のほかに、かゆみを抑える治療などを行います。
皮膚のバリアが低下している状態でかかりやすい疾患ですので、普段から皮膚を清潔に保ち保湿スキンケアに心掛けることが大切です。