2021.01.22 /
その他(多汗症・腋臭症)

分類とその原因

 体温調節のために必要とする量を大きく上回る量の発汗が認められる場合を多汗症とよびます。感染症、内分泌代謝異常、神経疾患などの全身性の病気などの他の病気を原因とした二次性多汗症と明らかな原因がないのに過剰な汗がでる原発性多汗症に分けられます。原発性多汗症の原因ははっきりと解明されたわけではありませんが、脳内の何らかの異常により、発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすくなっているのではないかと考えられています。
 それに対して腋窩の汗が臭うことを腋臭症といいます。人の汗腺にはエクリン線とアポクリン腺よばれるものがあり、エクリン線はほぼ全身に存在しますが、アポクリン線は腋窩や外陰部に多く存在します。アポクリン腺の汗の中に含まれる脂肪酸が皮膚の細菌に分解されることによりにおいを発するとされています。

多汗や臭いによって、人知れず悩んだり、生活に支障をきたしたりしている方も世の中には多くみられます。少しでも気になる方はお気軽に相談してみましょう。
※保険が適応されない治療も一部含まれますので、詳細は医師にご確認ください。

治療

 多汗症に対しては原因がある場合にはまず原因疾患の治療を優先させます。
 原発性多汗症に対しては①塩化アルミニウムを外用することで汗自体を減らしたり、②イオン導入(イオントフォレーシス)を行ったりすることもガイドラインにて推奨・保険適応されています。また現在は、③原発性腋窩多汗症に対してボトックスⓇが保険適応されています。そのほか、④抗コリン作用のある内服薬や⑤漢方薬などの内服治療なども行われています。

 ※2020年11月に原発性腋窩多汗症治療剤「エクロック®ゲル5%」が薬価基準収載および新発売されました。この薬は、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害する抗コリン剤に分類される日本初の原発性腋窩多汗症用の外用剤です。アセチルコリンはムスカリン受容体と結合することにより、汗腺から発汗を誘発すると考えられており、この外用剤の成分が多汗症の原因となるエクリン汗腺のムスカリン受容体と結合することでアセチルコリンの結合を阻害し、発汗を抑制します。1日1回の両腋窩への塗布で効果が期待できます。

 ※2022年5月23日原発性腋窩多汗症に対し、新薬ラピフォートワイプ®が新発売されました。
 ラピフォートワイプ®は1日1回毎日の使用で、有効成分であるグリコピロニウムトシル酸塩水和物が、神経からの汗をだす指令をブロックすることで過剰な脇汗を抑え、日常生活の困りごとを減らすことが期待できます。

 手足の多汗症に対しては、院内製剤の塩化アルミニウムを用意しています。塩化アルミニウムが溶解した水溶液を直接塗布することで汗の出口(汗腺)に蓋をし、汗が出てこないようにする方法です。長期間に使用することで、徐々に汗腺自体の数が減少するとされています。(ブログ参照)

 腋臭症に対しては、汗(皮脂)と細菌が臭いの原因ですので、まずは⑥生活習慣の指導から行います。喫煙をやめ、こまめにシャワーを浴び局所を清潔に保つなど生活習慣を整えたり、野菜中心の食事にしたりすることで一定の効果が得られます。その他に①塩化アルミニウムを外用したり、③イオン導入(イオンフォトレーシス)を行ったりすることで汗自体を減らすことが結果として臭いの減少につながります。さらに⑦レーザーにより腋毛の脱毛を行うことで、蒸れを解消し細菌の増殖を抑えることも臭いの減少に期待できます。

手術

 手の多汗症に関しては、わきの下の皮膚を数㎜切開して内視鏡下に神経節を切断する治療が行われています。当院では行っていませんので、ご希望の方は他院へご紹介します。

 腋臭症に対しては、わきの下の皮膚をしわに沿って数㎝切開し、皮膚を裏返してアポクリン腺の分布している層を直視下に剪刀(せんとう)で切除する方法が最もよく行われています。直視下にかつ物理的に汗腺を切除しますので、9割以上の臭いは減少します。手術は局所麻酔で行い、片側で45分程度です。合併症として皮膚の下に血腫を形成することが一番多く上げられ、その予防のために、手術後は大きなガーゼを創部にあてる固定法や日常生活での一定の制限が必要になります。その他、汗腺と毛根はほぼ同じ層に存在していますので、手術により腋毛が多少減少しますが、人によってはむしろメリットかもしれません。

※合併症の予防と日常の生活における制限のため、片方ずつの手術が推奨されます。手術による効果は半永久的であり、傷跡もしわにそって目立ちにくくなりますので、根治的な治療を希望される方にはお勧めです。保険が適応されますので安心して治療が受けられます。

関連サイト

ワキ汗の情報・サポートサイト ワキ汗治療ナビ