2021.01.22 /
いぼ

水いぼ、疣贅

どちらもウイルスが原因の疾患です。ひっかりたり、削ったりすることで広がってしまうことがありますので適切な治療が必要です。大きさ、数、部位によって内服、外用、液体窒素を使い分け、また場合によっては切除、レーザー焼灼も行います。

水いぼ

原因と特徴

 伝染性軟属腫ウイルスが原因で、ほとんどが子供にできます。光沢のある数㎜の皮膚の盛り上がりが、四肢、体幹に多数見られますが、手のひら、足の裏にはほとんどできません。

治療

 ピンセットでイボをつまんで取り除く、いわゆるイボ取りが確実で早い治療法ですが、痛みを伴うことが欠点です。麻酔のテープを1時間前に貼付してから行うこともありますが、完全には痛みをコントロールできるわけではありません。自然に治ることも多いため、外用で気長に治療する考えや放置してもよいとのいう先生も多くいらっしゃいます。

※保護者の希望や本人の年齢、性格等によって臨機応変に対応しますが、経過を見ているうちに数が増えて結局イボ取りを行うことになることも少なくありません。個人的には少ないうちであれば、イボ取りを行う方が結果として痛みも最小限に抑えられ、早く治せるように感じています。

疣贅(イボ)

原因と特徴

 ハピローマウイルスによって引き起こされます。隆起した皮膚病変であらゆる部位に見られます。ほとんどにイボは痛みやかゆみなどの症状を伴いません。1~2年のうちに自然に消退することもありますが、触ることで周囲に広がってしまうこともよく見られます。  

治療

 保存的治療としては漢方薬の内服を行ったり、角質を柔らかくするテープを貼付したりします。そのほか液体窒素にて細胞を凍らせることによって破壊したり、レーザーにて物理的に焼灼除去したり、大きさ・部位によっては局所麻酔下に切除したりすることもあります。
 さまざまな治療法がありますが、どれも一長一短で、残念ながら確実は方法がありません。医師とよく相談してご自身に適した治療法を選択しましょう。